急須入門|陶器 磁器

急須入門

急須入門

急須を使った本格的なお茶は美味です。
日本人にとってお茶は欠かせません。
美味しいお茶を味わうためには急須で淹れるのが一番です。

健康志向の流れに乗って日本茶の良さが、今改めて見直されています。
暮らしに一番身近なお茶だからこそ茶器にこだわりたいものです。

急須はお茶をおいしくいただくための茶器です。
お茶のうまみのもとは、茶葉のよりにあります。
このよりが適温のお湯によってほぐれ、うまみが溶け出します。
急須選びは、お茶の味わいを左右する重要な決め手となります。

陶器の急須は、使いこむほどに光沢がより深いものになってゆき使えば使うほど、自分のものになります。

急須 陶器

現代の急須

深蒸茶の普及とともに急須に対する関心が高くなりました。
深蒸茶の製法は、どうしても茶葉が細かくなり茶濾しの目詰まりが生じるためにそれに対応する急須が必要になりました。
これらの問題に対応したのが常滑焼と万古焼の急須です。
常滑焼の急須は、四日市の万古焼の急須の影響を受けながら戦後急速に発展して機能性と生産性を向上させ、使いやすく安価な急須を生産してきました。
そして茶葉の変化とともに茶漉しの改良をすすめ、使い易くまたお茶を美味しく抽出する急須として、茶専門店を中心に普及して現在に至っています。

急須の購入は陶器堂さんがおすすめ http://www.toukidou.com/1c-kyusu.htm

急須のお手入れ方法

急須を使った都度、水洗いし内側を乾かし清潔にすること。
目詰まりが気になる場合は、急須の中をカラカラに乾燥させて、ブラシ等で軽く茶こし部分をこすってから、一度よく水洗いするとよく取れます。
薄めた漂白剤を使う方法もありますが、匂いが気になる方には重曹もオススメですよ!

ご使用前に

陶器の急須は、ご使用前にあらかじめ熱湯に浸して水分を十分含ませておきますと、茶渋、シミがつきにくくなります。

急須の穴の位置

急須の蓋の穴の位置は、注ぎ口の直線上、注ぎ口を向くように置きます。
急須内の空気の対流によって、茶葉の開きがよくなり、溶出の助けとなります。
また、お茶の出もよくなります。

注ぎ口のゴム

急須の注ぎ口に付いているゴムの覆いは輸送時の破損を防ぐためのものであるため、開梱後は取り外す必要があります。
ゴムを付けたままだと、そこに汚れが溜まり雑菌が繁殖しやすくなります。

電子レンジ・オーブン

金銀を使った茶器は、電子レンジやオーブンに入れないで下さい。
茶器が破損したり、金属によるスパークをおこします。

 

お茶の効能

お茶は、昔から内服薬として服用された他に、外用薬としても用いられたとも言われております。
また、不死の霊薬であるとされて、仏教徒達には仙薬とまでに考えられていました。

動脈硬化や脳卒中予防、血圧降下にお茶

お茶の中には、血圧上昇物質の生成阻害作用があるということが、発表されていますが、また、お茶を飲むことによって、善玉コレストロール(HDL)が体内に増え、動脈硬化を予防するということも発表されました。


PageTop




HOME - 急須選びのポイント - 急須の焼き物産地 - お茶の淹れ方 - 急須の歴史 - 急須の分類